<動意株・22日>(大引け)=丸山製、ジャフコ、東光など

 丸山製作所<6316.T>=大幅高。全体地合いに左右されにくい材料株としての素地を再燃させている。政府はきょうから30日までブルネイでTPP交渉会合に臨むが、それに先立って安倍首相は日本の農業の競争力強化に改めて言及しており、今後10年間で農業所得を倍増させる方針。政府の農業支援の思惑が強まる中で同社は防除機など売上高全体の約7割を農家向けが占めていることから、収益拡大への期待が高まっており、短期筋の買いを誘っている。

 ジャフコ<8595.T>=大幅続伸。9月20日に東京証券取引所(1部または2部)に上場予定のオープンハウス<3288.T>に出資していることから、売り出しに伴う売却益などへの期待が高まっているようだ。オープンハウスは、首都圏を中心に狭小地を中心とした不動産の仲介・販売事業が主な事業。なお、公募・売出価格は9月10日に決定の予定。

 東光<6801.T>=続伸。同社が手掛けるスマートフォン、タブレット向けコイル「パワーインダクター」の受注拡大が加速しており、これに合わせ同社では需要の増加に対応して生産増強に積極的な姿勢をみせている。好環境を享受して13年12月期通期の業績予想を従来予想から大幅増額、売上高は従来予想の306億円から324億円に、また営業利益は23億円から31億円に修正している。

 加藤製作所<6390.T>=大幅高。好業績を背景に7月16日に590円の年初来高値をつけてからは利益確定売りに押されていたが、「7月末に上向きの13週移動平均線との上方カイ離を埋めたところで、個人投資家などから押し目買いの動きが強まった」(中堅証券)もようで、時価は再び上値指向となっている。買いの根拠となっているのは高採算の大型クレーンが、消費増税前の駆け込み需要や震災復興需要で伸びている点だ。

 メディアシーク<4824.T>=ストップ高。同社は21日に、スマートフォン向け無料バーコード読み取りアプリ「バーコードリーダー、アイコニット」が、岐阜県の中国向けインバウンド(外国人旅行者の誘致)促進のためのプロモーションツールとして採用されたと発表した。これにより、中国人観光客の需要を取り込める可能性もあり、今後岐阜県以外でも採用されることが期待される。

 アルチザネットワークス<6778.T>=ストップ高。きょう付の日本経済新聞で、「中国が、高速通信の可能な第4世代(4G)携帯電話の商用サービスを年内に始める」と報じられたことを手掛かり材料視。記事によると、中国移動通信集団など携帯大手3社は2014年にかけて、中国全土に50万カ所以上の通信基地局を新設し、今後4~5年間の投資額は8兆円規模に上る見通しとしている。これにより、中国向けの基地局向けの通信計測器で実績の多い同社にもメリットが大きいとの見方が広がっているようだ。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)