「着実に下値を切り下げる」

「前途は多難」
 本日の日経平均は59.16円安の13365.17円で取引を終了した。一時下落幅を拡大させる場面もあったが、売り一巡後は下げ渋る形。下方の窓(13213.55円―13250.36円)の一部を埋めたことで、調整一巡感が漂った。ただ、日経平均の日足チャートでは、着実に下値を切り下げており、売り圧力の大きさを示唆している。軸は相変わらず下向きであり、株価は下方向に引っ張られていると言えよう。明日も下値を試す動きになり、最終的には下方の窓をブレイクすることになりそうだ。トレンドに変化はなく、着実に下値を切り下げる動きになると思われる。
「どうしようもない滑り」
 中年太りでお腹が出てくると、「ベルト」というものが機能しなくなる。お腹のお肉が邪魔をして、ベルト位置が「ズルッ」と滑るからだ。あとはズボンがずり落ちていくのをただ見ているだけ。そんな感じで滑っていくから、どうしようもない。