◆22日の米株式市場の概況 NYダウ7日ぶり反発、ナスダック取引停止も影響限定的

 22日の米株式市場はNYダウが7日ぶりに反発し、前日比66.19ドル高の1万4963.74ドルとなり、ナスダック総合指数は同38.92ポイント高の3638.71と反発して取引を終了した。NYダウが前日まで下落していたことから戻りを期待した買いが入ったほか、中国やユーロ圏、米国のPMIの改善を手掛かりにした買いも入り指数を押し上げた。正午過ぎにナスダック市場でシステム障害が発生し、全銘柄の取引が約3時間にわたり停止したことで投資家心理を冷やしたが、全体に与える影響は限定的だった。なお、出来高概算はニューヨーク市場が5億7330万株、ナスダック市場が9億60万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)