◎欧米外為市場サマリー

 22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円70~71銭と前日に比べ1円強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=131円80~84銭と同1円40銭の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米新規失業保険申請件数は33.6万件と市場予想(33.0万件)に比べ弱い数字だったことを受け、円買い・ドル売りが強まる場面があったが、その後発表された7月景気先行指標総合指数が前月比0.6%と強めの数字となり、ドルは買い直された。NYダウも堅調に推移したことから98円70銭台まで円安・ドル高が進んだ。ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3356~57ドルと前日に比べ 0.0011ドルのユーロ高・ドル安だった。ユーロ圏・8月総合PMIが51.3と強めの数字となり、ユーロ買いが強まった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)