ぐるなびが続伸、三井住友カードなどとの全国の飲食店向け決済機能強化を好感

 ぐるなび<2440.T>が続伸。22日に、Square(米国・カリフォルニア州)と三井住友カードの3社で、全国のぐるなび加盟店のうち約1万店が利用する「ぐるなびPRO認証システム」の決済機能の強化を目的とした協業を開始することを発表している。
 従来「ぐるなびPRO認証システム」設置店舗がクレジットカードと電子マネー(一部を除く)での決済を受け付けるには、「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスと、クレジットカードおよび電子マネー決済用の専用端末がそれぞれ必要だった。今回の協業により、ぐるなび加盟店は「ぐるなびPRO認証システム」対応のスマートデバイスで、「ぐるなび」のポイントサービス利用に加え、クレジットカードや電子マネーの決済方法に対応することが可能となる。クレジットカード決済は今年8月から、電子マネー決済は今年度中の開始をメドに検討する方針。
 現在、クレジットカードや電子マネーの利用は一般化され、あらゆる会計シーンで見られるようになっているが、ぐるなびの調査では飲食業界においては、4割~5割がクレジット決済未導入、9割以上が電子マネー未導入となっており、今回の決済機能強化で導入店舗が増えそうだ。

ぐるなびの株価は9時12分現在1232円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)