エクセディが7日ぶり反発、いちよし経研がフェアバリューを引き上げ

 エクセディ<7278.T>が7日ぶりに反発した。この日は、いちよし経済研究所が22日付で投資判断「B」を継続し、フェアバリューを2500円から2600円に引き上げたことが観測されている。アジアのコスト増が厳しいが、国内AT(自動変速機)事業の収益改善で十分カバーできると見込んでおり、14年3月期の営業利益予想を170億円から180億円へ引き上げたことが要因。今後も受注競争は厳しいが、国内のスリム化とスケールメリットの拡大による利益成長が続くと見込んでいる。

エクセディの株価は9時41分現在2415円(△94円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)