<前場の注目銘柄>=ダイセル、今期大幅増益へ向け視界良好

 ダイセル<4202.T>の株価は8月5日に922円まで上昇した後に調整となっているが、50日移動平均線近辺である時価は見直してみたい局面だ。

 エアバッグ用インフレータやシートベルト・プリテンショナー用ガス発生器などの自動車用が好調に推移しており、今3月期は第1四半期連結経常利益で90億9200万円(前年同期比37.4%増)を計上。酢酸セルロースもたばこフィルター用途が増加しており、通期予想である360億円(前期比26.0%増)達成へ向けて業績は順調に推移している。大竹工場と網干工場ではたばこフィルター用トウの増強も完了しており、需要旺盛なアジア向けの更なる拡大に期待。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)