三菱自が7日ぶりに反発、フィリピン新工場建設報道受け買い戻し

 三菱自動車<7211.T>が7日ぶりに反発。23日の日本経済新聞が「15年をメドにフィリピンに新工場を建設する」と報じたことを受け買い戻しが先行した。約200億円を投じ小型車や多目的スポーツ車(SUV)などを年20万台生産、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンなど東南アジア主要6カ国の新車市場は12年の約320万台から25年に約500万台と日本に並ぶ見通しと伝えている。新興市場の旺盛な需要を取り込む成長戦略が好感された。

三菱自の株価は10時18分現在1133円(△48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)