田淵電機が3連騰、太陽光発電への展開を再度評価

 田淵電機<6624.T>が3連騰、上昇基調を強めてきた。14年3月期の第1四半期連結営業利益が7億8600万円(前年同期実績2億2200万円の赤字)と大幅な黒字転換を計上しており、通期予想である35億円(前期比2.9倍)達成へ向けての業績拡大基調が引き続き評価されている。世界最高レベルの変換効率を実現した太陽光発電用パワーコンディショナーが大幅に増加しているが、大規模な太陽光発電事業に対応した分散型発電システムの開発にも取り組んでいることも注目されている。株価は、この日、500円台を回復しており、大証単独上場時につけた7月8日の年初来高値605円も意識されそうだ。

田淵電機の株価は10時19分現在508円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)