シャープは独オスラム社とLEDと半導体レーザ関連特許のクロスライセンス契約

 シャープ<6753.T>は23日、独オスラム社とLEDと半導体レーザ関連特許のクロスライセンス契約を結んだと発表した。シャープは70年からLEDの量産を開始、82年には世界で初めてCD用赤外半導体レーザの生産を開始するなど、LEDと半導体レーザ技術を蓄積。高効率で明るい100ワットクラスの照明用LEDデバイスやディスプレイ光源用赤色半導体レーザなども開発している。今回の契約によりオスラム社と特許を相互利用、技術補完が図れることになり、高性能LEDや半導体レーザの開発を加速させるとともに、グローバル市場にマッチするデバイスを商品化していく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)