【売り】ビックカメラ (3048) 優待権利落ちによる売りが優勢となる展開か = フェアトレード 西村 剛

優待権利落ちによる売りが優勢となる展開か
■注目銘柄
ビックカメラ (3048)

■注目理由
同社は、首都圏を中心に店舗展開する家電量販店。同社は、8月優待銘柄として有名である。同社の優待は、ビックカメラやコジマで使えるお買い物優待券であり、個人投資家に人気を博している。例年8月優待権利確定後は、個人投資家の売りが出るために、株価は下がりやすい傾向がある。過去の株価データを用いた検証では、9月の売り勝率は100%となっている。同社は、株主優待銘柄として人気を誇っているだけに、権利確定直後である9月の株価は、軟調に推移する可能性があると判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:100%
平均損益(率):8.32%
平均利益(率):8.32%
平均損失(率):0%
--------------------------------------