◎欧米外為市場サマリー

 23日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円70~71銭と前日に比べ1銭の円安・ドル高と横ばいで推移。対ユーロでは、1ユーロ=132円06~10銭と同20銭強の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米・7月新築住宅販売件数は39.4万件と市場予想(48.7万件)を大きく下回った。この発表を受け、米量的緩和の早期縮小観測が後退し、一時98円30銭台まで円高・ドル安が進んだ。ただ、ドルが売られる場面では値ごろ感からの買いが流入したほか、NYダウも底堅く推移したことから98円台後半へ値を戻した。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3379~80ドルと前日に比べ 0.0023ドルのユーロ高・ドル安だった。ユーロ圏では堅調な景気指標が出ていることから、利下げ観測が後退している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)