ユビテック、3陽連で底値離脱

 ユビテック<6662.T>が大幅高で3日続伸。紙幣識別センサーや省エネシステムなど端末向け技術開発を手掛けているが、14年6月期は次期機種の納入が貢献し営業利益は約5割増の1億5000万円見通しと回復色を強める見通し。増額修正の公算もあり、株価は底値圏で3陽連を示現、5日・25日移動平均線を上回り底入れの動きをみせており注目される。また同社は23日、株式分割の実施および単元株制度の採用について発表した。12月31日を基準日に1対100株の株式分割と、効力発生日の1月1日をもって1単元を100株とする単元株制度を採用、これも株価の刺激材料となっている。

ユビテックの株価は9時42分現在3万3700円(△500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)