日本トリムが新値追い、電解水素水の医療・農業分野での利用研究進展を評価

 日本トリム<6788.T>が続急伸、一時前日比660円高の1万1950円まで買われ年初来高値を更新した。電解水素水の医療や農業分野での利用研究が進展していることを引き続き評価している。農業では、高知県や高知大学、南国市JAとともに収穫量や抗酸化成分の増加などのデータ収集が進展、電解水素水を血液透析の希釈液に使用する「電解水透析」への認知も進んでいる。また、今年5月に「高機能水の普及を促進するための議員連盟」が設立され、機能水ビジネスの産官学での取り組みがスタートしましたことから、政策面でも同社の取り組みを後押しする期待もある。

日本トリムの株価は10時3分現在1万1890円(△600円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)