伊勢化が急動意、ヨウ素市況の上昇背景に個人の買い

 伊勢化学工業<4107.T>が急動意。「全般エネルギー不足で主力株が手掛けにくいなか、値動きの軽い中小型株に物色の矛先が向かいやすい」(中堅証券)地合いにあり、その中で材料性と好業績株の両面を併せ持っている同社株に個人投資家の買いが入った。液晶ディスプレー向けなどに需給ひっ迫傾向にあるヨウ素市況を背景に、ヨウ素国内トップの同社株に注目が集まり始めているもよう。13年12月期業績は最終利益が前期比57%増となる20億5000万円の見通し。年間配当は前期に続き今期も増配の意向にあり、PERの割安さと合わせ株価は切り返しに転じている。

伊勢化の株価は12時44分現在894円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)