OKIが続伸、スマートデバイスからERPを利用できるソリューションの提供を好感

 OKI<6703.T>が続伸。この日の午前中、企業の基幹システムであるERP(統合基幹業務システム)のデータをスマートデバイスやハンディターミナルから参照・登録できるソリューションの提供開始したと発表。この販売に期待した買いが入っているようだ。同ソリューションでは、在庫情報や受注登録といったERPの重要データをリアルタイムに反映・確認でき、経営の迅速な意思決定を支援するのが特徴で、スマートデバイスの紛失などによる機密データの流出・盗難のリスクを避けるために、画面情報のみをスマートデバイスに転送する機能を提供。また、端末を利用して商談中に最新の在庫や納期の確認を行ったり、外出先から受注登録を行ったりといった業務効率に有効として販売増を見込んでいる。

OKIの株価は13時16分現在176円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)