オリンパスが堅調、14年3月期末の自己資本比率30%超と報じられる

 オリンパス<7733.T>が堅調。24日付の日本経済新聞で、「連結自己資本比率が2014年3月期末に30%を上回る見通しだ」と報じられたことを材料視。同社の連結自己資本比率は、13年3月期の第1四半期(4~6月)決算時点で2.2%にまで低下していたが、記事によると増資や事業利益で自己資本が増える一方で、借入金の圧縮も進め、比率は前期末から15ポイント上昇するという。財務の健全性を高めることで収益力向上に向けた事業展開の加速も期待されているようだ。

オリンパスの株価は13時31分現在2930円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)