住友不が大幅続伸、分譲マンションで初の農園サービスを導入

 住友不動産<8830.T>が大幅続伸。夏季オリンピックの東京開催への期待と首都圏開発進展への思惑を背景に不動産セクターへ見直し機運が広がっているが、23日に神奈川県内の分譲マンションで初めて、敷地内に専用農園を設け、居住者向け農園サービスを導入すると発表したことも支援材料となった。横浜市戸塚区で建設中のココテラス横濱戸塚ヒルトップ(総戸数211戸)に約130平方メートルの居住者専用農園を設置、無農薬野菜を年間10品目程度栽培し、年間10回程度の居住者向け農作業、収穫体験イベントを開催するとしている。

住友不の株価は14時15分現在4430円(△170円)