BMLが新高値、電子カルテ「クオリス」の販売拡大など評価

 ビー・エム・エル<4694.T>が新高値。株価は一時、前週末に比べ51円高の2959円まで買われた。電子カルテ事業の成長などを期待した買いが流入している。同社の2014年3月期第1四半期(4~6月)の連結純利益は前年同期比56.0%増の15億8200万円と好調だった。臨床検査事業に加え、診療所版電子カルテの「クオリス」の伸びが寄与した。クオリスは、機能強化などを図った効果が出ている。今期連結純利益は前期比7.9%増の40億円と前期に続く最高益が見込まれている。

BMLの株価は14時58分現在2947円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)