アサツーDKなどが横浜市金沢区で「クールシェアリング」の実証実験を実施

 アサツー ディ・ケイ<9747.T>はこの日、日揮<1963.T>、日揮情報システム、相鉄ホールディングス<9003.T>、相鉄ローゼン、凸版印刷<7911.T>や横浜市立大学と共同で、横浜市金沢区において約100世帯の参加を募り、自宅から外出して商業施設やコミュニティスペースを利用する「クールシェアリング」により、ピークカットやピークシフト効果で節電を促す実証実験を、8月26日~30日、9月2日~6日に実施することを発表した。
 今回の実証実験では、夏の電力使用がピークを迎える時間帯に、自宅から外出して商業施設やコミュニティスペースを利用するクールシェアリングにより、ピークカットやピークシフト効果による節電を促す。外出のインセンティブとして、同地区のスーパーマーケット「そうてつローゼン並木店」で該当時間帯に利用可能なクーポンを配布するほか、隣接する集会場において地域イベントを実施する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)