三角保ち合いの下限まで下げ、次は上限に向かって反発

三角保ち合いの中でのボックス相場へ
 先週の予測では、2月27日の11253円を安値の基点とし、5月23日の15942円を高値の基点とする三角保ち合いとなっており、この中で8月2日の14466円を上値抵抗ラインとし、下値抵抗ラインを13300円台(前回のコメントではチャートの引線を1月23日の10486円から間違って引いたため、8月12日の13430円を下値抵抗ラインとしましたが、訂正します)とするもみあいの中で煮詰まりつつあるとしました。
 結果的に、8月20日(火)に▼361の13396円となって、2月27日の11253円からの三角保ち合いの下値抵抗ラインにサポートされた形となり(ザラ場安値は8月22日(木)の13238円と三角保ち合いを少し切った形)、週末23日(金)は△295の13660円と大幅反発となりました。三角保ち合いの下限に到達し、今度は上値を試す形となって三角保ち合いが煮詰まっていっています。目先は、8月14日の14050円が上値抵抗ラインとなりますが、ここを抜けると14400円を試すことになりますが、それでも三角保ち合いの中の動きですので、13300~14000円(もしくは14300円)のボックス相場の中で、下限に接近すれば買って14000円台で利益確定という投資となります。
 週明け26日(月)は、海外株高を背景に買い先行となって13741円まで上昇するものの、国内の材料不足とアメリカの量的緩和の不透明さから、薄商いの中を先週末の終値を挟んだ方向感のない動きとなり、▼24の13636円で引けました。