【売り】ホンダ<7267>下落トレンドが継続か=フェアトレード平山修司

下値を模索する展開を予想
■注目銘柄
7267 ホンダ

■注目理由
日本屈指の自動車、バイクのメーカー。二輪事業と四輪事業並びに金融サービス事業を展開。7月31日に発表した第1四半期決算では、売上高2,834,095百万円(前年同期比16.3%増)、営業利益184,963百万円(前年同期比5.1%増)、当期純利益122,499百万円(前年同期比7.0%減少)になったと発表した。8月15日には一時、3,815円まで上昇し、5月23日に付けた年初来高値である4,405円を目指す展開になると思われたが、株価の勢いは失速し、8月21日には3,615円まで下落した。足元ではゆるやかな下落トレンドを形成しているため、短期的に下落トレンドが継続する可能性があるものと見ている。なお、同社の9月における株価動向をシュミレーションしたところ、9月は株価が下落する傾向が高かった。同結果も踏まえて、引き続き、下落トレンドが継続するものと見ている。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 36.36 %
勝ち数: 8 回
負け数: 14 回
引き分け数: 1 回
------------------------------