野村HDなど証券株が軒並み安、全般地合いの低調を反映

 野村ホールディングス<8604.T>、大和証券グループ本社<8601.T>などの大手をはじめ証券株が軒並み安い。機関投資家の夏季休暇明けも売買代金は盛り上がらず、前日まで11日連続で2兆円を下回るなど株式市場は夏枯れの様相となっている。足もとの地合いも軟調に推移していることから、売買手数料の減少懸念が売りを誘っている。

野村HDの株価は10時17分現在719円(▼5円)
大和証Gの株価は10時17分現在796円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)