住友化は小動き、シティ証は目標株価を430円に引き上げ

 住友化学<4005.T>が小動き。シティグループ証券は26日付のリポートで投資判断「買い」を維持、目標株価を従来の410円から430円に引き上げた。
 リポートでは「偏光板やタッチセンサーパネルの好調な拡大により、14年3月期業績予想について、営業利益を従来の870億円から920億円(前期比2倍)に上方修正。市況関連は、カプロラクタムやMMA(メチルメタクリレート)の低迷をポリオレフィンの市況回復などでカバー。健康・農業は除草剤などが引き続き堅調。ラービグ(紅海沿岸の石油化学事業)は、市況は引き続き厳しいが、トラブル解消で第3四半期は黒字転換を想定。また、マネジメントは千葉工場のエチレン停止の決定など事業再構築を強化に加えて、財務体質の改善を優先する方針も明確にしていることから、株価の上値余地も期待できる」としている。

住友化の株価は11時10分現在361円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)