ガンホーが大幅続伸、PER12倍で目先リバウンド狙いの買い優勢に

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が大幅続伸。追い証発生に伴う個人投資家の投げも出て、7月末以降株価は急落、5月14日の最高値16万3300円の高値(分割前修正値)から実に3分の1以下の水準に売り込まれていたが、目先底入れの兆し。空前の大ヒットを記録した「パズル&ドラゴンズ」が、13年1~6月期決算での営業利益が前年同期比44倍という驚異的な成長を引き出したが、「最近はパズドラに続くメガヒット商品が見えず成長鈍化懸念を背景に株価の下げ圧力が強まっていた」(国内証券)。しかし、目先は売り一巡感が台頭、高水準に積み上がる信用買い残も8月2日以降はスピードこそ緩やかながら整理が進んでおり、「PER12倍台という指標は同業態としてはかなり割安」(市場関係者)という声も、下値を拾う個人投資家心理を代弁している。

ガンホーの株価は11時9分現在6万3400円(△7600円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)