ヤマダ電が続落、エディオン買収で競合懸念

 ヤマダ電機<9831.T>が続落。LIXILグループがエディオンに8%の出資をして筆頭株主となることが発表されたが、共同でリフォーム事業の拡大を図る方針にあるのを受け、家電業界トップでリフォーム事業を手掛ける同社にとって競合激化の思惑からマイナス材料と捉えられているようだ。なお、ビックカメラ<3048.T>をはじめ同業他社も軒並み下げており、今回の動きは業界再編思惑につながるものの、足もとは全般地合いが軟調の中でネガティブに受け止められている。

ヤマダ電の株価は11時30分現在3275円(▼80円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)