◎27日前場の主要ヘッドライン

・MUTOH、群栄化など3Dプリンター関連が高い、45億円の予算好感
・スタンレーは自社株買い発表を好感、発行済み株式数の0.77%
・エディオンが急反発、LIXILグとの資本・業務提携を発表を好感
・アイルが反落、13年7月期業績見込みを増額修正も利益確定売り相次ぐ
・モスフードが高い、繰り延べ税金資産を計上で利益上積みを期待
・太平洋セメが底堅い、増額濃厚で年初来高値にらむ展開
・ガンホーが大幅続伸、PER12倍で目先リバウンド狙いの買い優勢に
・田淵電機は好需給が上げ足に弾みつける
・多木化が東証1部の値下がり率トップ、旧大証単独上場銘柄に値下がり目立つ
・富士急が続落、富士山の夏山シーズン終了で手仕舞い売り

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)