三井化が堅調、野村証は「自動車向けで高成長が期待できる」とし買い推奨

 三井化学<4183.T>が堅調な値動き。野村証券では26日付で、「自動車向けで高成長が期待できる」ことから買い推奨するとリポートしている。同証券では世界の自動車需要は米国、中国を中心に拡大し、13年に3%増、14年に6%増、15年に5%増と堅調なペースで成長が続くと予想。三井化学は自動車向け売り上げ比率が総合化学事業でも高く、バンパーなどに用いられるポリプロピレンコンパウンドや、その改質材として用いられるα―オレフィン共重合体などが世界トップクラスで、北中南米などでシェア上昇が見込まれるとコメントしている。同社株はここアナリスト関係者らの高評価が相次いでおり、株価も25日線を支持線としたジリ高トレンドを継続する格好となっている。

三井化学の株価は12時34分現在271円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)