山田債権が後場急伸、特定労働者派遣事業再開を好感

 山田債権回収管理総合事務所<4351.T>が後場急伸し、一時、前日比25円(5.1%)高の520円をつける場面があった。午後1時ごろに、9月から特定労働者派遣事業を開始すると発表したことを好感した買いが入っている。同社では専門性の高い人材を司法書士法人、土地家屋調査士法人へ派遣事業を通じて派遣していたが、派遣先での受け入れ期間満了に伴い出向業務に切り替え、一時派遣事業は休止していた。今回は登記サービス業務に関する出向業務を再び「特定労働者派遣事業」に切り替え、9月から派遣事業を再開するとしており、人材の活用によるグループ全体の安定収益の実現が期待されている。

山田債権の株価は13時17分現在502円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)