サン電子が続落、チャート形状悪化で売り物かさむ

 サン電子<6736.T>が続落。7月8日につけた年初来高値3205円、8月8日の戻り高値3100円でダブルトップを示現しているほか、ここにきての下落で13週線割れ、日足の一目均衡表では雲(抵抗帯)に下押すなどチャート形状の悪化が際立つ。買い物薄の場面では小口売りで値を消す場面が目立っている。パチンコ向け中心に部品・ホールシステムを展開。カジノ関連の側面もあり人気化素地を秘めるものの、同関連の人気が総じていまひとつのなかにあって、当面は値固め先行の場面となりそうだ。

サン電子の株価は13時53分現在2350円(▼68円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)