横河ブHDが4日続伸、東京五輪招致関連として実績評価の買い続く

 横河ブリッジホールディングス<5911.T>は全般相場が軟化するなか頑強ぶりを発揮。東京市場では2020年東京オリンピックへの期待が強まるなかで、老朽化が進むインフラ再整備への思惑が底流している。開催都市に決定した場合、建設や道路、橋梁メーカーなどが恩恵を享受するセクターとして市場ではマークされている。同社は橋梁トップで実績も飛び抜けており、同業他社の株価が利益確定売りに押されるのを横目に、きょうで4日続伸とその関連有望株として継続的な買いを集めている。

横河ブHDの株価は14時46分現在1280円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)