ヤマハがクラウドサービスOffice365を活用したグローバル情報基盤を導入

 ヤマハ<7951.T>は27日、クラウドサービスOffice365を活用したグローバル情報基盤を導入すると発表した。12月から稼働の予定で、同社のグローバル31カ国約1万2000人の社員が利用する大規模なOffice365活用事例になる。現場から経営層までが的確で迅速な意思決定、円滑で効率的なコミュニケーションを図ることが目的で、海外社員や取引先などとのWeb会議や文書の安全な共有、移動中のスマートフォンからの各種機能の利用を実現。システム導入によりビジネスのスピードアップと、組織を越えたビジネス連携を目指す。なお、システム導入はNEC<6701.T>と日本マイクロソフトが支援する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)