【売り】日本通信<9424>短期的には反発しているが=フェアトレード平山修司

反発は一時的と判断
■注目銘柄
9424 日本通信

■注目理由
1996年に創業したMVNO事業者。MVNOとは、携帯電話事業者からネットワークを調達し、付加価値を付けて独自のサービスとして顧客に提供する仕組みのこと。2008年3月期まではウィルコムのPHSで主にノートPC用のデータ通信サービスを提供していた。日本ではSIM事業、米国ではATM向け無線専用線サービスを提供している。2010年4月に業界初のSIMカードだけの製品「b-mobikeSIM」を発売。NTT東日本、イーオン、ヨドバシカメラ、マルベニ、NTT西日本と提携し、SIMの販売を強化している。同社の株価を見てみると、8月6日に一時6,110円を付けたものの、12日に大きな陰線をつけたことで25日移動平均線を大きく割り込み、下落トレンドとなった。22日に5,020円まで下落したが、現在(27日)は5,310円まで反発している。同社の9月の傾向をシュミレーションしたところ、9月初旬から下旬にかけて下落する傾向が見られたため、弱気のスタンスで望みたい。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 0.00 %
勝ち数: 0 回
負け数: 8 回
引き分け数: 0 回
------------------------------