【売り】ビックカメラ (3048) 8月優待権利確定後の売りが出る可能性 = フェアトレード 平山 修司

8月優待権利確定後の売りが出る可能性
■注目銘柄
ビックカメラ (3048)

■注目理由
首都圏に店舗展開を行う家電量販店。コジマを買収したことで、業界2位となった。同社は、8月に優待権利確定日がある銘柄として知られている。同社の優待は、「株主お買い物優待券」であり、「ビックカメラ」や「コジマ」で利用できることから、個人投資家に人気である。同社株価は、例年優待権利確定月までは上昇傾向にあり、権利確定日後は売りが出やすい展開となる。同社優待は、とても人気がある分だけ、権利確定後は売り圧力も強くなる可能性が高いと判断した。9月は、売りスタンスで臨みたい。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:100%
平均損益(率):9.25%
平均利益(率):9.25%
平均損失(率):0%
--------------------------------------