ANAが底堅い、ミャンマー航空会社出資が下値支える材料に

 ANAホールディングス<9202.T>が全般下げ相場の中で底堅さを発揮。同社は27日、ミャンマーの航空会社アジアン・ウィングス・エアウェイズの株式49%を約25億円で取得することを発表しており、M&A経営戦略によるアジアの需要取り込みを評価した買いが下値に入った。株価は現在中段で三角もち合いを形成しているが、同社は今後もアジアで他の航空会社への出資を検討すると報じられており、アジアをターゲットとした業容拡大への期待が早晩上放れに反映される可能性もある。

ANAの株価は9時23分現在206円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)