日本製紙が小幅続落、東京都北区の所有地と建物売却も反応薄

 日本製紙<3863.T>が小幅続落。同社は27日取引終了後に、東京都北区王子の所有地と建物を売却すると発表したが反応はなく、相場全体の地合悪化に伴う小口の売りに押されている。資産売却はグループ経営効率改善と財務体質強化を図ることが目的で、売却価格は166億円で14年9月30日に引渡しの予定。固定資産売却益約150億円が発生するが、15年3月期と先になることからも材料視されなかった。

日本製紙の株価は9時22分現在1345円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)