国際帝石が反発、原油市況上昇で連想買い

 国際石油開発帝石<1605.T>が反発。米国がシリアへの空爆を検討しているとの報道からにわかに地政学的リスクが浮上、ニューヨークWTI原油先物は1バレル=110ドルが目前となっており、これを背景に原油ガス開発生産の国内トップである同社株に連想買いが入っている。株価はここ売り物をこなす展開で上値が重かったが、5日・25日移動平均線がゴールデンクロス示現目前でテクニカル的にも買いのタイミングを示唆していた。

国際帝石の株価は10時7分現在43万1500円(△3500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)