UNITEDが反発、「CocoPPa」に相互送客ネットワーク導入を好感

 ユナイテッド<2497.T>が反発。この日の朝方、スマートフォンきせかえコミュニティアプリ「CocoPPa(ココッパ)」に、メタップス(東京都新宿区)がリリースしたAndroidアプリのアイコンを最適化できる相互送客ネットワークサービス「Exchanger」を導入すると発表したことを好感した買いが入っている。
 「Exchanger」は、導入したアプリに任意のタイミングで全面広告を表示することができ、広告を表示した回数に応じて、他の「Exchanger」導入アプリにアイコンが広告として表示されるという仕組み。導入アプリ同士で相互に送客しあうことによって無料でのプロモーションが可能となるのが特徴で、これを「CocoPPa」に導入することで、他の「Exchanger」導入アプリとの相互送客によるユーザー数の拡大が期待できるほか、他アプリの広告からのダウンロードによる広告収入増も見込まれるという。

UNITEDの株価は11時18分現在2766円(△61円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)