住石HDが強い、政策背景に特定資金の買い攻勢思惑

 住石ホールディングス<1514.T>が全般軟調相場のなかで強さ発揮。引き続き特定資金の買い攻勢思惑を背に低位材料株として存在感を強めている。燃料費抑制のため火力発電所に使うC重油の需要が落ち込んでおり、これに代わり低コストの石炭火力に対する見直しが進んでいる。日本の石炭火力発電は世界でも1位、2位を争う熱効率を誇っていることから、石炭火力の発電比率が70~80%を占める中国やインドなどをはじめ世界に向けたインフラ輸出の有力分野としても注目。同社はその関連株として全員参加型素地を持つ。

住石HDの株価は11時25分現在154円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)