三井不など不動産株は軟調、地価上昇も売り先行に

 三井不動産<8801.T>や三菱地所<8802.T>など不動産株は軟調。国土交通省は27日に7月時点の地価動向報告を発表しており、調査対象の3分の2の地区の地価は3カ月前に比べ上昇した。
 この日は市場全般が売り先行となるなか株価は値を下げているが、大手不動産株には東京五輪招致絡みの期待感などもあり売り一巡後は下げ渋っている。

三井不の株価は11時13分現在3055円(▼60円)
菱地所の株価は11時13分現在2539円(▼42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)