ソフトバンクテクが売り一巡後に戻す、浜松市役所へのBCP導入に注目

 ソフトバンク・テクノロジー<4726.T>は一時、前日比64円安の1401円まで売られたが、その後は戻す動き。27日に浜松市役所へ自治体向けCMSとクラウドメールサービスを中心とした、BCP(事業継続計画)トータルソリューションを導入することを発表している。浜松市は、緊急時を見据えた情報発信体制の強化を図るとともに、今後、通常業務における効率化と運用負荷軽減にもつながる大きな導入効果を期待している。今回の導入が評価されれば、今後、他の自治体からの受注も期待されよう。

ソフトバンクテクの株価は11時30分現在1464円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)