いすゞが大幅続落、東南アジア市場への懸念売り続く

 いすゞ自動車<7202.T>が大幅続落。シリア情勢への不透明感からリスクオフ姿勢が高まり、新興国の株安・通貨安が続くなか、トラック需要への影響を懸念した売りが膨らんでいる。東南アジアでは、インドネシア・ルピアは1ドル=1万1300ルピア前後と下落基調にある。インドネシア株式市場ではジャカルタ総合指数が一時、前日比3.3%安の3837.735まで下落した。通貨安に加え、原油価格上昇は物価高による消費低迷につながるとの見方もあり、東南アジアなど新興国経済への影響が懸念されている。大手トラック株では日野自動車<7205.T>も安い。

いすゞの株価は13時現在567円(▼25円)
日野自の株価は13時現在1252円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)