<後場の注目銘柄>=ユナイテド海、今期大幅増額で復配も視野

 NSユナイテッド海運<9110.T>の上値追いに期待したい。同社は郵船系のばら積み船を主力とする海運中堅で、10年10月に旧新和海運と日鉄海運が合併し誕生した。新日鉄住金が現在33%強の株式を保有する。

 14年3月期下期は、中国の足もとの景況感に改善傾向がみられるなか、主力のばら積み船の運賃市況回復への期待が高まっている。

 前期実施した不採算船の解約が今期の利益に貢献、円高修正の恩恵もあり、通期連結業績見通しは従来予想の最終利益35億円見通しから60億円見通しに大幅増額して市場の注目を集めた。

 さらに3期ぶりの復配も視野に入れており、持ち前の急騰力を武器に早晩、株価は200台活躍が見込まれる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)