ラサ工が底堅い、乱調相場で低位株の強み発揮

 ラサ工業<4022.T>が底堅い。主力株中心に全面安商状のなかも、その間隙を縫うように中小型の材料株物色の動きがみられる。相対的に株価低位に位置する銘柄が物色人気を集める傾向があり、同社株もその対象となりやすい。経営再建途上にあるが、半導体ウエハー再生事業からの撤退などの経営改革が実り、13年4~6月期の連結経常利益は前年同期比81.8%増の7900万円と回復色をみせている。LED向けガリウムなど電子材料分野に成長思惑を内包している。

ラサ工の株価は13時26分現在116円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)