【売り】アイフル<8515>下値を模索する展開=フェアトレード平山修司

ゆるやかな下落トレンドを形成
■注目銘柄
8515 アイフル

■注目理由■
消費者金融事業、不動産担保金融事業、事業者金融事業を手掛ける。グループにクレジットカードを手掛けるライフカードや事業者ローンを手掛けるビジネクスト、債権管理・回収を手掛けるアストライ債権回収、ベンチャーキャピタルを手掛けるニューフロンティア・パートナーズがある。8月13日に発表した第1四半期決算では営業収益が23,782百万円(前年同期比8.4%減)、営業利益5,322百万円(前年同期比21.5%減)となった。7月8日に1株を2株に分割する株式分割を発表したが、翌日の株価は反応せず、逆にその後は株価が下落し、8月27日の終値で859円まで下落している。チャートで見ると下落トレンドは継続していることや同社の9月の株価動向は9月初めから下旬にかけて、株価が下落する傾向が見られたことからも、売りスタンスとした。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 25.00 %
勝ち数: 4 回
負け数: 12 回
引き分け数: 0 回
------------------------------