◆28日の米株式市場の概況 NYダウ3日ぶり反発、短期的な戻りを期待する買い

 28日の米株式市場はNYダウが3日ぶりに反発し、前日比48.38ドル高の1万4824.51ドル、ナスダック総合指数は同14.83ポイント高の3593.35で取引を終了した。前日に急落した反動で短期的な戻りを期待する買いがやや優勢となった。ただし、シリア情勢の緊迫化を背景に積極的にリスクを取る動きには乏しく、予想されるシリアへの軍事介入がどのような形になるのかを見極めたいとのムードが強い。ダウ採用銘柄では、原油先物市場で期近物が一時約2年4カ月ぶりの高値をつけたことを背景に、原油高が収益改善につながるとの期待から、石油大手のシェブロンとエクソンモービルが上昇し、これがダウ平均を押し上げた。なお、出来高概算はニューヨーク市場が5億9853万株、ナスダック市場が13億3860万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)