パナソニックが反落、個人用スマホ撤退へと報じらる

 パナソニック<6752.T>が反落。きょう付の日本経済新聞で、「国内の個人向けスマートフォン事業から撤退する方向で最終調整に入った」と報じられたことをネガティブ材料視。記事によると、販売不振で営業赤字が続いており、立て直しが難しいと判断したとしている。併せて携帯電話基地局事業も売却する方針。同事業は販売不振から営業赤字が続いていた事業の一つであり撤退観測が強まっていたが、今回の報道をきっかけにいったん利益を確定する売りとなっているようだ。

パナソニックの株価は9時20分現在873円(▼18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)