京セラが反発し1万円回復、1対2株の株式分割を好感

 京セラ<6971.T>が反発。株価は一時、前日比280円高の1万140円まで買われ7日以来、3週間ぶりとなる1万円台を回復している。28日、9月30日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表した。効力発生日は10月1日。現在100万円近くかかる売買単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図る。中間・期末の配当金額は今後、公表される見通し。この日は、株式分割に伴う投資家層の拡大などに期待した買いが流入している。

京セラの株価は9時54分現在1万80円(△220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)