富士通ゼが3日ぶり反発、SMBC日興が目標株価を引き上げ

 富士通ゼネラル<6755.T>が3日ぶり反発。SMBC日興証券が投資判断「1」を継続しつつ、目標株価を1350円から1400円に引き上げたことが観測されている。第1四半期営業利益は、円安影響で前年同期比32%減益の31億円となったが、10億円ほど会社計画を上振れて着地したと指摘。高採算の消防無線システム案件の前倒しや経費執行の期ずれなどの一時的な要因はあったが、これらを除いても5億円ほど計画を超過したと同証券では推定している。これを受けて、同証券予想の14年3月期の営業利益予想を165億円から175億円へ引き上げている。

富士通ゼの株価は10時6分現在1108円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)