フジッコが反発、「乳酸菌クレモリスFC株」の研究成果に注目

 フジッコ<2908.T>が小幅ながら反発。28日に、「乳酸菌クレモリスFC株」を用いたヨーグルトの健康効果に関する研究成果を日本食品科学工学会第60回記念大会(8月29日~31日)と第60回日本栄養改善学会学術総会(9月12日~14日)で発表するとしたことが注目されている。
 今回、武庫川女子大学国際健康開発研究所(所長 家森幸男)や理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室(特別招聘研究員 辨野義己)との共同研究で、成人女性に対するクレモリス菌FC株牛乳発酵物の摂取試験を実施し、腸内菌叢や便通、食生活との関連について検討した結果を2題発表する予定。
 同社は「乳酸菌クレモリスFC株」を用いた製品開発を行っており、「カスピ海ヨーグルト」として広く親しまれていることから、今回の学会での発表で健康面での認知度が広がれば、同社製品のさらなる販売増が期待されよう。

フジッコの株価は10時5分現在1163円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)